リハビリ事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その14】

スタジオ日誌

S様からのメール

2017年2月8日(水)

明日12:30〜 よろしくおねがいします。
子どもが15:15ごろに帰宅するので、14:00には電車に乗りたいです。

13:45にセラサイズ・スタジオを出られるように、お願いします。

前回、たくさんお話できて、今までモヤモヤと不安だったことが、
クリアになった気がします。ありがとうございました。

1.ストレス度が低いところになら、行っても良いとわかり、すっきり。

2.ずっと、薬は減らす、薬は飲んではいけない、薬をやめる、と思い、震えやこわばりを我慢してきました。

でも、薬を飲み、体がラクになり、自分の体の状態が少しずつわかってきました。

3.結論。薬については無理をしないことに決めました。

少なめで済むときは、体が教えてくれると思います。

薬は、飲むのもリスクがあるけれど、やめるのもリスクがあると思うので。

もしかしたら、私は、完治、薬をやめることはできないかもしれません。
でも、セラサイズのストレッチ効果は実感していますので、もう少し続けたい、本音としては、一生続けたいと思っています。
(形態が変わっても)暖かくなってくると、体もぐっと変わるような気がしています。

4.いろいろ思い出すなかで、アキレス腱を切り、体を使わない時間が長く、
受験生でしたし、…というのは納得できるのですが、教員のときのストレスで、というのはちょっと違うかなという気がしています。

なぜなら、一番、OFFの状態がひどかったのは教員になる前の年で、むしろ、教員の頃は、とても元気でした。

今のひどい原因は、幼稚園時代の人間関係のストレスを勝手に作り出していたことが原因です。

5.セラサイズに惹かれる理由

○ セラサイズには元気でキラキラしている方ばかりだから(自分もなりたい)
○ 徐々に改善している自分がいるから(以前は、早く表参道を脱出しようと考えていましたが、いまは、ランチに行きたいなと思えてきた?)
○ 話を全て聞いてもらえること。
○ 自分の生き方や考え方に意識を向けられるようになってきたから。

2017年2月9日(木)※ 施術日

パーソナルチェックシートより

【動作ポイント】
★ 前回のカウンセリングの効果で血圧が幅40に回復

体の最後の大きなポイント「首」の調整を行った

・カウンセリング(メンタル・薬・病院)

【現状の詳細】
・首をほぐした

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました