パーキンソン病会員様 リハビリ事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その11】

パーキンソン病会員様・事例

1月14日(土)

■ パーキンソン病チェックシートより

【動作ポイント】
・なめらかに動けるが体幹に力が入らない。
・1度に2個のことができない。

【リハビリのポイントとなるメニユー】
・指CHANGEとひざUPが難しい ⇒ トレーニングした
・転倒時「膝曲げ」を提案&練習

※ 指CHANGE、ひざUPはセラサイズの動きの名称となります

■ 若年性パーキンソン病S様のメールより

先週今週(1/16頃~1/24頃)の報告
(毎日の記録は 17日( 火)で 途絶え、大まかに 報告します)

・ 先週は 気持ちが ガタンと落ちました。
・ 17日(火) 点滴予約⇒当日キャンセル
・ 代わりに 23日(月)。
点滴直後⇒ 体が楽になり 気持ちも 少し前向きに。

○ 歩行: 転ばなくなってきた。杖なしでも 少しずつ歩けるようになった。
⇒リハビリでの『歩く練習』の効果だと思う。

・家や 電車待ちのホームでも 自分で練習
・ 一番 使うのは 横向きに足を交差して 歩く動き。
(いざという時に 役立っている)

○ そして オフの時の状態
・夜中に目が覚めた直後はトイレにスイスイ行ける
・しばらくすると、カタカタカタカタと揺れだす
・毎日、オフになると、震え。
・ 震えの原因は、 首の筋肉の緊張。( 特に 右 耳の下から 鎖骨の方に向かってある斜めの筋肉)
・首の 中の中心部の筋肉が 力が入っている
・一日中、つねに背中が重くなっている。

おそらくこの心身ともに不安定な理由は、寒さの影響。

Sさん

小川です。
着実に、リハビリで改善していますね。
報告内容はこんな感じでOKです。

次のリハビリのテーマは首ですね。
頭痛がなくなると、いろいろできるので頭痛系を注視して観察しておいてください。

次の記事はこちら

パーキンソン病会員様 リハビリ事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その12】
1月28日(土)今日の体調は、・首が痛い(夜中のこわばりからくる筋肉痛のような感じ)・首が曲がらない・夜中の首から背中にかけてのこわばりとふるえにより、頸椎圧迫の激痛(AM1:30~1時間ぐらい)・背中と胸に力が入り、呼吸が出来な...

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました