パーキンソン病会員様 リハビリ事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その9】

パーキンソン病会員様・事例

S様の年賀メールから抜粋

あけましておめでとうございます。
今年もパーキンソン病のリハビリをよろしくお願いいたします。

嬉しかったことは、
・半年ぶりに会ったおばに「表情が病気(若年性パーキンソン)になる前(高校生?)の頃のように戻った」と言われたこと
・母に、表情が明るくなり、顔の筋肉を使えていると言われたこと
・体がスリムになった、クビレがあると言われたこと
・実家の台所でスムーズに料理ができたこと(以前はジスキネジアでできなかった)
・「ゆっくりと動く」ことを意識して動けたこと

などでした。

10日(火)はよろしくお願いします。

2017年1月10日(火)※ 2017年度最初のリハビリ

■ パーキンソン病リハビリ・チェックシートより

【本人自覚】
・19時頃震え(実家から)
・自転車で左ななめ前に人がいて、倒れた(転倒)
・頭痛はない
・ジストニアもない

薬 2〜2.5錠

■ S様のメールより

1/10(火)

セラサイズ(リハビリ)後、15時すぎに帰宅しました。

歩くのは、いつもよりスムーズで、しっかりと前に出てくれました。ただ、一方で、緊張感、恐怖感が強くて、帰りだけで、三回も転んでしまいました。

Sさん
、小川です。

ご連絡ありがとうございます。膝は大丈夫でしょうか?
セラサイズ・スタジオでリハビリ時に歩けた感じを思い出しながらゆっくり歩いてください。
今日はゆっくり休んでくださいね。

明日になって、気が向いたら転んだ時を思い出して理由を考えてみてください。
やりたくなければやらなくても良いですよ。
ストレスには感じないでください。
急がない、あわてない、マイペースで!

リハビリ後に、もう少し休んだ方が良かったかもしれませんね。
次回は休めるように時間をとります。

パーキンソン病リハビリ会員のS様の転んだ時の理由
S様の転んだ時の理由メモ

次の記事はこちら

パーキンソン病会員様 リハビリ事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その9】
S様の年賀メールから抜粋あけましておめでとうございます。今年もパーキンソン病のリハビリをよろしくお願いいたします。--嬉しかったことは、・半年ぶりに会ったおばに「表情が病気(若年性パーキンソン)になる前(高校生?)...

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました