表参道セラサイズ・スタジオ
【会員制】プライベート・リハビリ・サロン
東京都港区南青山 表参道駅B3出口1分(月曜定休)
Mail : info@cellacise.com
Phone :03-6805-0943

パーキンソン病会員様 リハビリ治療事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その13】

2017年1月29日(日)

昨日は、リハビリだけでなく、丁寧なカウンセリングまでありがとうございました。
核心にふれられ、ドキッとしました。

『どんな自分になりたいか』何年も考えていません。

病気や体調のせいで、したいことが思うようにできず、ガッカリするのがイヤなので、考えないようにしてきました。最近は、病気のことばかり考えていました。10年後をイメージすることさえ怖かった。

人間だから、歳をとれば老いていく。
その老いを受け入れながら、穏やかに生きていけたら幸せだろうなと思います。ゆっくり見つけていきたいです。

もし、元気になったらしたいこと…たくさん湧き出てきました。

今日は、夫も驚くくらい、調子がよく、ふるえも恐怖心も緊張感もありません。全体の動きもよく、頭もとってもクリア。
別人です。薬もほとんどまだ飲んでいません。

これがずっと続くと助かりますね。
気温が高いから?

◼︎ 開発者・小川からのメール

sさん

昨日お話ししたように、リハビリで着実によくなっていますね。
焦らないで、着実にです。

気温が高いからではありません。
もちろん、プラスの要素ですけど、リハビリで脳が確実に変わっています。

体はしばらく前から変わっていますので、昨日、脳の意識が変わったのでしょう。ストレスが減って、本来の元気で明るく前向きなSさんに切り替わったのでしょう。多分、ご主人が好きになった明るいSさんかな?

Sさんは優秀なので脳の切り替えが早いのだと思います。
慎重に着実に自分の体を観察しながら調整していきましょう。

私の想定通りにSさんは変わっているので、完治できる可能性も高いと思っています。
日々、私のリハビリ仮説と細胞活性ストレッチ理論が正しい可能性が高くなっている感じがします。

落ち着いて、ゆっくり動いてください。

■ 2017年2月4日(土)※ 施術日

リハビリ・パーソナルチェックシートより

【本人自覚】
8:00〜11:00 良い・あとNG
・LAST 薬 7:30〜8:00
・追加 トレリーフ

・本人メモ

【宿題】朝起きた瞬間にどこまで動くか? 観察する。
【重要】適度に動く。ただし、動きすぎに注意。瞬間的な動き ×
    リハビリ後、3日間はゆっくり大人しく過ごす。
    不安になる時、緊張するときは何か怖いのかを考える。

施術後のSさんのメール

無事に帰宅しました。
つえなしで歩きました。

カウンセリングありがとうございました。

◼︎ 施述後の報告

2/5(日) ゆっくり静か運動 少 予定なし 息子と過ごす
2/6(月) ゆっくり静か運動 少  午前:大病院脳神経外科DBS説明

2/7(火) ゆっくり静か運動 少  午前:大病院神経内科診察

2/8(水) 午後:電気漏電点検 夕方:息子体操迎え(1・2)
2/10(金) 午後:訪問マッサージ
2/11(土) 午後:校庭開放当番

⇒ つづきます

リハビリの料金確認とお問い合わせはこちら

Comments

comments

セラサイズ パーキンソン 無料相談&体験

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

パーキンソン病 7つの原因

リハビリでわかったパーキンソン病7つの原因

パーキンソン病の薬は・・

セラサイズ通信

セラサイズ通信
ページ上部へ戻る