2016年3月31日 リハビリをプレスリリース【一般社団法人 国際細胞活性協会】

表参道セラサイズ・スタジオ

難病パーキンソン病の症状が約半年のリハビリで大幅に改善する事例が多数!脳を活性化する表参道の運動指導スタジオ(効果保証)に患者が急増中!

【報道関係者取材のお願い】

(社)国際細胞活性協会は、パーキンソン病の症状改善に効果的な独自の運動指導リハビリ・サービスを『表参道セラサイズ・スタジオ』で開始いたしましたが、その効果に患者が急増中です。もともと、独自の仮説に基づき20人以上の患者で効果の確認を行い、95%以上の方に改善効果を実感して頂き、新しい運動指導手法を確立できたと判断して2015年8月にサービスをスタート致しました。昨年、6月に開催された学会「第1回パーキンソン病コングレス」においても運動と筋肉の専門家としてパーキンソン病の原因の仮説も発表いたしました。

◆『表参道セラサイズ・スタジオ』

「細胞活性ストレッチ理論」による約3000種類の独自低負荷ストレッチ&エクササイズによるリハビリ。

網に刺激を与えるためにメニューを毎週変えることを特徴とする会員制のリハビリ・スタジオ。

◆「細胞活性ストレッチ理論」

最先端の細胞学と運動生理学を基に脳神経と筋肉の細胞レベルでの特性を考慮し、脳と筋肉を同時に活性化する独自の運動理論を基にするリハビリ。
*セラサイズは(Cell Activation Stretch & Exercise)からの造語。
「細胞活性ストレッチ」と「セラサイズ」は、(社)国際細胞活性協会の登録商標です。

◆サービス料金 (初回は5000円でリハビリ体験ができます。)

まずはお試し頂き、効果を感じない場合は返金致します。
マンツーマンでのリハビリ指導で1回3万円(税別)。週に1回で半年間、費用は50万円ほどが目安。

◆【セラサイズの有識者から推薦】

・東京大学名誉教授を始め、ハーバード大学医学博士、多数のお医者様から推薦を頂いております。
・認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本名誉会長、学校法人日本体育大学理事として世界中に
ネットワークをお持ちの細川佳代子様(細川元総理夫人)も現役の会員。
・医師も含めたくさんの方に推薦を頂いております。

◆【難病パーキンソン病とは】

政府の難病情報センターによると、パーキンソン病関連疾患は12万人以上、平成25年度では約5%、平成26年度では8%と患者が急増している。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』主演のマイケル・J・フォックスが1998年にこの病気と公表して有名になった。パーキンソン病の特徴は患者ひとりひとりで症状が全く違うこと。歩行はできなくても自転車には乗れるなど、身体の機能は問題ないが、脳がうまく体を制御できなくなる世界的な難病。医学的には原因は不明。ドーパミンの分泌の低下などが観測されており、主にドーパミンを補給する薬が処方されている。しかし、薬の副作用と病気の影響の切り分けが難しい上、精神的な影響も大きいため患者の状態の把握と適切な対処が難しく、有効な治療方法は見つかっていない。多くの患者が徐々に進む運動機能の低下や震えなどに悩んでいる。有効なリハビリ方法は確立されていない。

【原因の仮説とアプローチ】

医学的には症状により病名を命名します。弊社では独自調査と症状を冷静に分析した結果、仮説として、パーキンソン病は病気ではなく『小脳への血流低下による老化のような脳の機能低下』と考えております。機能低下と考えると先進医学でも原因が見つからないことも理解できます。その仮説を基に最新細胞学を応用した約3000種類の独自の動きによるリハビリで、体を治すストレスタンパク質(HSP)を発現させて全身の筋肉を修復するというアプローチで脳への血流を回復し、さらに毎週新しい効果的な動きをするリハビリにより、脳神経を活性化させて動きを制御する脳の機能を修復していきます。脳神経と全身の筋肉のバランスを取りながら正常な状態に脳と身体を修復していきます。脳の機能回復には以前より脳梗塞、脳内出血後の麻痺、交通事故後の機能回復に効果が出ている弊社の独自リハビリ運動指導技術を応用しております。

◆【事例写真】セラサイズ3回後の写真
パーキンソン事例

◆【事例写真】若年性パーキンソン病リハビリ 2ヶ月の比較写真
0

◆【事例の動画】以下の動画は http://parkinson-rehabili.com/ でもご覧いただけます。
若年性パーキンソン病リハビリ事例
https://youtu.be/EsCN9QieSDo
パーキンソン病リハビリ事例
https://youtu.be/EQHxNYF0sG4
パーキンソン病患者のリハビリの感想
https://youtu.be/6GA-9AxnqF8
◆【facebookページ】
https://www.facebook.com/stretchforparkinsons?fref=nf
◆【添付画像】
・セラサイズ ロゴ
http://goo.gl/aG0Dsz

・「表参道セラサイズ・スタジオ」イメージ
http://goo.gl/8vt0HA
・セラサイズ3回後の写真例
http://goo.gl/hPZ8wQ
・若年性パーキンソン病リハビリ2ヶ月後の写真
http://goo.gl/wQHZ7e
・第1回パーキンソン病コングレスでの発表のポスターの写真
http://goo.gl/2lWIRu

【取材時には実際が可能】
取材される場合は、一般向けのセラサイズ・パーソナルを無料でご提供させて頂きます。
一般の方でも1回でセラサイズ効果を実感していただけます。

【今後の予定】
将来的にはパーキンソン病の運動指導技術のライセンス化を予定しております。

【小川清貴プロフィール】
selfsmall-300x265(社)国際細胞活性協会 代表理事、主席研究員 57歳
1959年、岩手県釜石市に生まれる。東京電機大学理工学部卒業後(株)CSKに就職。
38歳で社内ベンチャー第2号として研究開発費を得てNY、LAでフィットネスクラブの現地調査を実施。ベニスビーチにアーノルド・シュワルツェネッガーをミスターオリンピアに育てたコーチでGoldGym創始者ジム・ゴールドを訪ねアドバイスを頂いた。その後、任天堂WiiFit発表の10年前にゲームと運動理論をトレーニング・マシンに組み込みこんだ運動機器を開発して日米で特許を取得。
その後、45歳で細胞と運動の世界的な権威である東京大学跡見順子名誉教授に出会い、最新の細胞学の知識を得て低負荷で体を修復するストレスタンパク質(HSP)を大量に発現させる独自の動きを特徴とする「細胞活性ストレッチ理論」をまとめた。社内での事業化ができず、2011年早期退職。2012年表参道にスタジオをオープン。現在、国立大学法人東京農工大工学府大学院博士課程に在籍。跡見・清水研究室にて細胞活性ストレッチ理論を研究中。

【会社概要】
名称   :一般社団法人 国際細胞活性協会 表参道セラサイズ・スタジオ
所在地  :〒107-0062 東京都港区南青山5-6-6 メーゾンブランシュ1 6F
代表者  :代表理事 小川 清貴
事業内容 :会員制スタジオの営業、技術指導とライセンス発行、独自動画の有料配信、パーキンソン病、
脳内出血後の麻痺、自律神経失調症、交通事故後の麻痺等の運動指導

パーキンソン病専用リハビリ URL :http://parkinson-rehabili.com/
表参道セラサイズ・スタジオURL :http://cellacise.com
動画配信 セラサイズTV URL : http://team-cellacise.com/tv/

【取材依頼・お問い合わせ先】
会社名  :一般社団法人 国際細胞活性協会 表参道セラサイズ・スタジオ
担当   :友瀬 奈織
電話   :03-6805-0943
メール  :info@cellacise.com
住所   :〒107-0062 東京都港区南青山5-6-6  メーゾンブランシュ1 6F

ページ上部へ戻る