パーキンソン病には原因がある。治せない病気ではない。

パーキンソン病は現代医学では治せない難病と言われています。
※ Wikipediaと難病情報センターの診断基準を文末に添付してあります。

パーキンソン病の特徴は、全員の症状が異なっていること

症状に対して命名しています。

ウィルスの感染による病気や疾病とは異なるのです。

重要なのは、「パーキンソン病のクスリは治療薬ではない」ということ。

(症状を緩和するためのクスリであり、効かない場合も少なくありません。逆に強力な精神系のクスリなので副作用のリスクが常につきまといます。)

 

医学的には原因は不明となっていますが、その本質は複雑でわからないということ。

原因は人により異なっているということ。

国際細胞活性協会の細胞活性研究所としては今までに延べ100名以上のパーキンソン病の方と少なくとも毎回30分以上の時間をかけてカウンセリング調査を行ってきました。

HPにある「七つの原因」がそれをまとめたものです。

パーキンソン病 7つの原因

しかし、逆に原因が見つかれば対策は打てます。

生活習慣病的な面があり、原因は日常の生活習慣にもあるのです。

セラサイズは実は糖尿病などの生活習慣病にも効果があります。

しかし、現在はパーキンソン病に特化しています。

それは、パーキンソン病の方は真面目で優秀な方が多いからです。

本気で治そうとされるので、ご自身の生活習慣も変えられるのです。

 

Wikipediaでは:

パーキンソン病(パーキンソンびょう、Parkinson’s disease)は、手の震え・動作や歩行の困難など、運動障害を示す、進行性の神経変性疾患である。進行すると自力歩行も困難となり、車椅子寝たきりになる場合がある。40歳以上の中高年の発症が多く、特に65歳以上の割合が高い。錐体外路症状を呈し、アルツハイマー病と並んで頻度の高い神経変性疾患と考えられている[1]日本では難病(特定疾患)に指定されている。本症以外の変性疾患などによりパーキンソン様症状が見られるものをパーキンソン症候群と呼ぶ。

難病情報センターの診断基準:

<診断基準>
以下の診断基準を満たすものを対象とする。(Probable は対象としない。)
1.パーキンソニズムがある。※1
2.脳 CT 又は MRI に特異的異常がない。※2
3.パーキンソニズムを起こす薬物・毒物への曝露がない。
4.抗パーキンソン病薬にてパーキンソニズムに改善がみられる。※3
以上4項目を満たした場合、パーキンソン病と診断する(Definite)。
なお、1、2、3は満たすが、薬物反応を未検討の症例は、パーキンソン病疑い症例(Probable)とする。
※1.パーキンソニズムの定義は、次のいずれかに該当する場合とする。
(1)典型的な左右差のある安静時振戦(4~6Hz)がある。
(2)歯車様強剛、動作緩慢、姿勢反射障害のうち2つ以上が存在する。
※2.脳CT又はMRIにおける特異的異常とは、多発脳梗塞、被殻萎縮、脳幹萎縮、著明な脳室拡大、著明な大
脳萎縮など他の原因によるパーキンソニズムであることを明らかに示す所見の存在をいう。
※3.薬物に対する反応はできるだけドパミン受容体刺激薬または L-dopa 製剤により判定することが望まし
い。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*