月刊「難病と在宅ケア」にパーキンソン病リハビリの記事を寄稿

リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

2017年9月25日発行の「難病と在宅ケア(日本プランニングセンター)」という雑誌に寄稿した原稿が掲載されました。

難病と在宅ケア
難病と在宅ケア


発行部数は多くはありませんが、23年間続いている専門書です。

タイトルは、

「初回から改善を実感するパーキンソン病専用ニューロ・リハビリ」

初回から改善を実感するパーキンソン病専用ニューロ・リハビリ

4ページ 約6000文字です。
パーキンソン病の情報、症状に対する分析、リハビリ方法などを書きました。

FacebookやWebサイトなどを見た編集者から、「世の中に告知する価値があります!」とのご連絡をいただいたのです。

Facebookに「協力してくれる病院を探しています!」と書いたのが広がったようです。
やっと専門誌が取り上げてくれました。

昨年の運動指導者の全国大会での準優勝に続き、また、第三者の評価が増えました。

数号前にパーキンソン病の第一人者、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター病院の病院長・理事の村田美穂先生がパーキンソン病の薬について記事を書いていたのと同じコーナーです。

村田先生とは2年前のパーキンソン病の学会で名刺を交換しました。
村田先生に診察された方から「1時間診察して頂き、クスリを減らしてもらった」と聞きました。

無暗にクスリを増やさない良い先生のようですので、近いうちにご挨拶に行こうと思っています。

掲載記事は、表参道セラサイズ・スタジオでご覧いただけます。
会員の方は、お声掛けください。

月刊雑誌「難病と在宅ケア」2017年10月号 
日本唯一の難病専門誌「難病と在宅ケア」2017年10月号 の詳細です

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました