表参道セラサイズ・スタジオ
【会員制】プライベート・リハビリ・サロン
東京都港区南青山 表参道駅B3出口1分
Mail : info@cellacise.com
Phone :03-6805-0943

診断基準は?あなたは、パーキンソン病ではないかもしれません

診断基準が病院や医師により随分違う!

<診断基準> 難病情報センター
以下の診断基準を満たすものを対象とする。(Probableは対象としない。)

1.パーキンソニズムがある。※1
2.脳CT又はMRIに特異的異常がない。※2
3.パーキンソニズムを起こす薬物・毒物への曝露がない。
4.抗パーキンソン病薬にてパーキンソニズムに改善がみられる。※3

以上4項目を満たした場合、パーキンソン病と診断する(Definite)。

なお、1、2、3は満たすが、薬物反応を未検討の症例は、パーキンソン病疑い症例(Probable)とする。

パーキンソン病患者は毎年、5%から8%増えています。
スタジオにも沢山の方が来られるので、沢山の方とお話をします。

軽度な症状な方の中には、私の見地で「パーキンソン病ではないのではないか」と思う方もいらっしゃいます!

特徴は少しストレッチするだけで身体は柔らかくなります。
多くは運動不足で体が固まった方です。

マッサージやリハビリでは柔らかくなりませんが、セラサイズのストレッチでは柔らかくなります。

診断基準が明確でない理由は分かります。
それは、患者により症状が大きく異なることです。

その上、医師の知識にも大きな差があるので、簡単な診断基準が作れないのです。最新のMRIでみても、分かりません。

一部の場合以外、病理的な原因が見つけられないのです。
その結果、曖昧で分からない場合にパーキンソン病と診断される場合もあるようです。
症候群という名前はも、お医者さんが迷った上でつけるようです。

皆さん、パーキンソン病と診断された段階で非常に大きなショックを受けます。
我々は独自の基準で改善できるかどうか判断しています。
パーキンソン病と診断されたら、表参道セラサイズ・スタジオにご相談ください。

カラダが固まっているだけの方の場合、おクスリを飲む前でしたら短期間で回復します。
1回目から改善を実感できます。
まずは、お電話(03-9805-0943)で無料相談にご相談ください。

Comments

comments

セラサイズ パーキンソン 無料相談&体験

関連記事

おすすめ記事

パーキンソン病 7つの原因

リハビリでわかったパーキンソン病の原因と思われる7つの要素

パーキンソン病の薬は・・

セラサイズ通信

セラサイズ通信
ページ上部へ戻る